卵黄に含まれるビタミンB群の1つ「ビオチン」の効能効果を教えて!

卵は栄養価が高い食品として知られていますが、卵黄には特に優れた栄養素が含まれていることで注目されています。
卵黄に含まれている栄養素のひとつにビオチンがあげられます。

 

ビオチンはビタミンB群のひとつです。別名ビタミンB7、ビタミンHとも呼ばれており美容に良い成分として注目されています。

 

ビタミンB群は体には欠かすことができない大事な成分でエネルギーを作るのにも欠かせない成分で、美美肌維持にも役立つ成分として知られています。
そしてビタミンBには多くの種類があり、それぞれ違った作用を持っていますが、ビオチンは皮膚の健康や髪の健康を保つのに大切な成分です。コラーゲンの生成にもかかわっており、肌のハリや弾力をアップし、肌の再生にも欠かせない成分です。

 

それゆえに欠乏症になってしまうと皮膚炎や白髪、食欲不振、抜け毛、爪が割れやすくなる、湿疹ができやすくなるなどの症状が出やすくなるとされています。
ビオチンが不足してくるとアレルギーの症状も出やすくなりますので、アレルギー対策としても欠乏症にならないよう、しっかり取り入れていきたい成分です。

 

皮膚疾患やアレルギーの改善には飲み薬や塗り薬などが利用されていますが、そうした治療を続けていてもなかなか治らない皮膚疾患やアレルギーがある場合はビオチンの不足も疑ってみましょう。

 

ビオチンは体内でも合成されますので欠乏症になることは少ないですが、食生活の乱れや遺伝的な要素で起こることもあります。
そしてアルコールや喫煙もビオチンを減らす性質がありますので、お酒の飲みすぎやタバコの吸いすぎには注意しましょう。それから卵白の取り過ぎにも注意したいところです。

 

ビオチンの欠乏症にならないためにも、栄養が偏ったり、不足したりしないよう食事内容も見直し、バランスよく食べるよう心がけましょう。食品では卵黄の他にもレバー、大豆などにも多く含まれています。効率よく取るのであればサプリメントも便利です。