クエン酸を多く含む食品と疲労回復効果など様々な効果について

クエン酸を多く含んでいるのは、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や、酢や梅干しといった酸味の強い食品です。主な効果として、疲労回復、食欲増進、エネルギー生成、ミネラルの吸収を高める、などがあります。

 

クエン酸は糖質や脂肪をエネルギーに変える、クエン酸回路を活性化させる効果があります。つまり、余分な糖質や脂肪を燃やしやすくして、効率よくエネルギーに変換させやすくするということです。

 

クエン酸回路とは食品に含まれる糖質や脂質を燃焼させて、エネルギーを作り出す体の機能のことです。疲労物質の乳酸もこの回路で生成されますが、正常に機能していれば、乳酸もエネルギー源として再利用されます。

 

ミネラルの吸収を高める効果を発揮する理由は、キレート作用によるものです。キレートとはカニのハサミの意味(ギリシャ語)で、カルシウムなどの通常では吸収されにくいミネラル分をクエン酸が包み込んで結合するので、吸収率がアップします。また、ミネラルの酸化を防ぐ作用もあります。

 

夏バテなど食欲が落ちている時期にも、クエン酸を多く含む食品を食べると食欲が増進したり、疲労回復効果も期待出来るので、体調の回復にも効果的です。特に、運動後に摂取すると疲労物質である乳酸を分解して再利用しやすくなるので、運動による疲労回復を促進することが出来ます。

 

1日の摂取の目安量は、2g以上です。ただし、運動が習慣化していて疲れやすい人の場合には5g程度必要という意見もあります。

 

大量摂取による大きな副作用の報告はありませんが、ヒドロキシ酸による下痢や嘔吐などが一時的に起こることがあります。ちなみに、みかん1個のクエン酸量は1g程度です。

 

摂取するときには、一度に1日の摂取量を満たすのではなく、小分けにして摂取したほうが脂肪燃焼効率が高まります。サプリメントなどで摂取するときにも、一度に摂取するのではなく小分けに摂取したほうが効果が期待できるでしょう。