最近よく耳にする機会があるオメガ3脂肪酸とはどのようなものでしょうか。

サプリメントの宣伝にも頻繁に出てくるキーワードとなっており、人気があることがわかります。

 

オメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸の分類の一つで、ダイエット効果が期待されているものです。栄養学的分類であるα-リノレン酸(ALA)、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)の3種のことでアルファベット3文字の方が馴染みがある、という方もいるでしょう。EPAとDHAはダイエットよりはアンチエイジング効果を期待され早い段階からサプリメントに採り入れられてきました。美容よりも健康に重点を置いた人気のあるサプリメントに数多く含まれている成分です。

 

オメガ3脂肪酸が注目を集めるようになったのは、毎日摂取することで脂肪燃焼効果をアップさせることができる、と紹介されたからです。サプリメントではなく、オメガ3脂肪酸を多く含むアマニ油やエゴマ油などをサラダにドレッシング代わりにかけて食べるというシンプルで続けやすい方法が紹介されたからです。やや癖のある味ですが、熱を加えると効果がでないためドレッシング替わりがおすすめ、というものでした。

 

サプリメントとしてオメガ3脂肪酸入りを探すと、現在ブームということもありかなり多くの商品が見つかります。おすすめとしては、人気があるというバロメータだけではなく、続けやすい価格であること、続けやすい習慣づけができるものであることです。最近のダイエット食品には1食置き換えダイエットというものがありますが、オメガ3脂肪酸入りとパッケージに記載されているものもあります。

 

毎朝起きるのがツライ、ギリギリまで寝ていたいという人に人気があるのがスムージーですが、スムージーにもオメガ3脂肪酸入りがあるので、手軽に朝食として摂ることが出来るのでおすすめです。

 

バランスの良い食事をとることが理想ですが、人それぞれ事情があることを踏まえると、サプリメントを活用して対策をとることも悪くはないはずです。

オメガ3脂肪酸の1日の摂取量目安とは

健康増進を考える上で生活習慣病の原因となるコレステロールをコントロールすることが重要であると認識が広がっていますが、そのコレステロールをコントロールするうえで重要となる栄養素として注目されているのがオメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は青魚や木の実そしてアブラナ科などの緑黄良く野菜そして大豆に含まれている脂肪分で、この成分を摂取すると肝機能を向上させることによってコレステロールをコントロールすることができるのです。

 

オメガ3脂肪酸がコレステロールをコントロールすることができるのは、オメガにはもう一つ種類がありますがその種類は飽和脂肪酸となりオメガ3脂肪酸は不飽和脂肪酸となります。どちらの脂肪酸も基本的には体内のエネルギーとなり細胞の動きを助けることに変わりないのですが、こ2つの脂肪酸の違いとしては空気に触れた時の性質に違いがあります。

 

通常の飽和脂肪酸は空気に触れると結合して固まってしまう性質を持っていることで、体内に吸収された後に細胞が吸収しきれなかった物は空気に触れると固まってしまいその他の臓器に付着してしまい悪い脂肪となってしまいます。

 

しかし不飽和脂肪酸の場合ではくうきに触れても固まらない性質を持っており、それが血液中の消化しきれなかった飽和脂肪酸に働きかけて固まったまま動けなくなった状態を元に状態に戻し吸収しやすくするのが役目になります。そのため定期的に摂取することが望ましいのですが、オメガ3脂肪酸もまた基本的には脂肪であるため取り過ぎると同じ結果になってしまうため一日の総摂取量を守る必要があります。

 

そのための目安としては1日の総摂取量としては成人で500ミリグラムとなっており、青魚でいえば小型の味サイズで2匹大型のサンマなどでは1匹に相当する量となります。しかし魚だけで取ると難しいとサプリメントでも販売されているのですが、その場合摂取量を守らないと逆効果になるので注意が必要です。最低基準の目安となる500ミリグラムを摂取するには青魚以外にも野菜やオリーブオイルといった木の実から抽出されるオイルを取り入れることで目安となる量を摂取することができます。