精力アップに欠かせない栄養素に亜鉛があります。

亜鉛は生体機能に重要な役割があり、精子を生成するんどの生殖機能と、ホルモンの合成を行います。男性ホルモンのテストステロンの原料でもあるので、筋肉増強に効果があります。亜鉛が不足すると、性欲減退の他にも前立腺障害やうつなどにつながります。

 

亜鉛は過度の飲酒で排出されます。しかし人間の体は亜鉛を生成できないので、食べ物から摂取する必要があります。亜鉛を多く含む食べ物は、牡蠣やアーモンド、牛肉の赤身などです。次にイカやタコmハマグリなどを食べると精力アップが期待できます。これらの食べ物にはタウリンが豊富に含まれています。タウリンは肝臓に蓄積された中性脂肪を排出して肝機能を高めます。

 

また心機能を強化することで、動脈硬化や高血圧、むくみの改善に効果がありまう。タウリンが不足すると、男性不妊に陥る可能性があります。また精力アップには、血流が良いことが重要です。血行を良くする効果があるのは、アルギニンです。

 

一酸化窒素を生産して、血管が拡張されるので血液がサラサラになります。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進して、精液のおよそ80%を占める成分です。大豆やゴマ、オートミールを食べると良いです。

 

そしてニンニクは、精力を増強するスコルジニンを含んでいます。スコルジニンはビタミンB1に吸収を促すので、疲労回復につながります。ニンニクはアリシンという成分も含んでおり、強いバクテリア作用があることから、風邪予防に効果があります。アリシンはレバーとニラにも含まれています。

 

果物では、アボカドがオススメです。アボカドはギネスブックに載るほど、栄養価が高い食べ物です。アボカドの実は多くのビタミンEを含んでおり、脳内の血行を促進して活動を活性化させるのえ、男性ホルモンの分泌量が増えます。ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると吸収されやすいので、ほうれん草やレモンなどを合わせると良いです。